レーシック

私 糖尿病ですが ・・・・

目指せ HbA1C 6,5 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 糖尿病による目の病気、
特に糖尿病網膜症の怖さは、
目が痛い、かゆい、かすむといった
自覚症状がないまま進むことです。


そして、ある日突然、「目の中に煙のすすがたまったようだ」
「真っ赤なカーテンがかすんで見える」――などといった訴えで、
眼科を訪ねることになります。


しかし、そのころには、病気はもうどうしようもない
ところまで進んでいて、失明を余儀なくされることも覚悟しなくてはなりません。


糖尿病網膜症のために、失明しないまでも、
社会生活全体に支障をきたし、視覚障害の認定を受け、
社会福祉の対象者になっている人は、
視覚障害者の約5分の1、年間 3,000人にも及びます


このような人たちは、青壮年期――いわゆる働き盛りに
突然視力を失うことになるため、ハンディキャップを
受容することがなかなかできず、
社会復帰のためのリハビリテーションが
思うように進まないのが現状です。

そして、その分、生活を援助する家族への
負担も大きくなっているのです。


糖尿病網膜症は、糖尿病になってから、
血糖コントロールを十分しないまま放置していると、
7、8年から10年がたつうちに、合併症として、
じわりじわりと発症することがわかっています。


東京女子医科大学糖尿病センターが行っている調査では、
通院加療中の 2,300人(2型糖尿病のみ)のうち、
37パーセントに糖尿病網膜症がみられました。

そのうちの、約17パーセントは、単純網膜症といって、
血糖コントロールをきちんとするだけで食い止められますが、
残りの20パーセントは、失明の危険が迫っているといっても
おおげさではありません。


また、厚生労働省の統計では、糖尿病発病から
25年を経過するころには、実に80パーセントを
超える人たちが網膜症を合併しています。


網膜症の進行具合は人によって違いますが、
比較的若い40~50歳以下の糖尿病の人は
進行が早いので、十分に注意を要します。






会津CROPS米直販・楽天市場店





 糖尿病の合併症は、自覚症状のないまま
進行するので、腎症の場合、症状の一つである
むくみに気づくころには、すでに腎症は透析導入が
視野に入るところまで進んでしまっています。


また、腎症を併発すると、糖尿病に対する
食事管理に加えて、腎臓障害に配慮した塩分、
タンパク質の摂取制限が、腎症の進行段階に
応じてむずかしくなり、食事療法がいっそう
難しくなっていきます。


自覚症状がなくても、血糖コントロールをよくし、
定期的に尿検査を受けたり、塩分やタンパクの
摂り過ぎに注意した食事にするなど
腎臓にやさしい生活を実行することが、
糖尿病による腎臓障害を予防するうえで大変重要です。





会津CROPS米直販・楽天市場店







 糖尿病性腎症は自覚症状のないまま、
じわじわと進行していきます。

尿タンパク検査で陽性反応が出たり、
体にむくみが出るなど自覚症状が起こったときには、
かなり腎症が進んだ状態で、
治療も腎症の進行を遅らせることが中心なってしまいます。
このため、できるだけ早期に腎症を発見する必要があります。


早期の腎症を発見するためには、
微量アルブミン検査が有効です。
この検査は、非常に微量のタンパク(アルブミン)を、
感度のよい方法で尿から見出だす新しい検査方法ですが、
検査を受ける人にとっては、一般の尿検査の方法と変わりありません。


一般に、腎症は血糖コントロールが悪いと、
糖尿病の発病から10年ぐらいたつと発症するといわれていますが、
2型糖尿病では、発病がいつなのか正確にわからないため、
糖尿病である人はすべて、血糖コントロールを良好に保っている人も含めて、
予防の意味で、少なくとも年1回、微量アルブミン尿の
検査を受けるようにしましょう。


また、検査で陽性と診断された人は、
腎機能が低下していないか血液検査をあわせて行って、
年数回、この微量アルブミン尿検査を受けるようにしてください。





会津CROPS米直販・楽天市場店






なぜ、糖尿病が腎症を引き起こしてしまうのでしょうか。
腎臓は、糸球体とよばれる細小血管塊が集まった
組織で、この糸球体が、左右の腎臓のなかに
100万個ずつもあります。

この糸球体の一つひとつで、血液中の老廃物が
ろ過される仕組みになっているのです。

糖尿病性腎症は、糸球体の細小血管が狭くなり
十分に老廃物をろ過できないために起こります。
その原因となっているのが高血糖です。


このように小さな血管に何らかの障害が起こる病気を
細小血管症といいます。
糖尿病の三大合併症は、すべて細小血管症によるものです。


網膜にも腎臓同様に小さい血管がたくさん分布しています。
高血糖は、この小さな血管の正常なメカニズムを
長い時間かけてじょじょに変えてゆき、
障害を引き起こしていくのです。


腎症の場合、高血糖、肥満、高タンパク、高食塩、
それに、社会生活上のストレスなどの増悪因子が加わると、
病状の進行に拍車がかかることが知られています。


糖尿病性腎症発症のメカニズム

 腎臓の糸球体では、正常な場合、
タンパク質や赤血球や白血球などはろ過せず、
水や電解質(ミネラル)、老廃物だけを通過させ、
尿のもとをつくります。

しかし高血糖がつづくと、この糸球体の血管が硬化し
血管が狭くなると同時にろ過作用が低下し、
だんだんとタンパク尿が出るようになったり、
ついには尿が出にくくなって、
老廃物が体にたまって尿毒症になります。





会津CROPS米直販・楽天市場店







 糖尿病は、日常の血糖コントロールが
きちんとできていれば、こわい病気ではありません。
 
ところが糖尿病は、発熱したり、体のどこかが痛くなったりと
いった自覚症状がないまま病状が進行するため、
そのまま放置してしまったり、不適切な治療を行っていると、
5年、10年たつうちに、深刻な合併症を引き起こすことになります。


糖尿病が原因で、もっとも多くみられる合併症は
神経障害網膜症、それに今回紹介する腎症の三つで、
これらは糖尿病の三大合併症と呼ばれています。


そのうち、網膜症は進行すると失明してしまいますし、
腎症では末期腎不全におちいって、
透析をしなければ生命を維持することができなくなってしまいます。
 

腎臓は血液が運んできた体内の老化物をろ過し、
尿として排泄する重要な機能をもっているのですが、
腎症が進むにつれ、尿をつくる機能が低下し、
最後には人工腎臓によって、
腎臓の機能を代行する透析療法をしなければなりません。


残念ながらわが国では、こうした糖尿病が原因で透析療法を受ける人が、
最近どんどん増えてきています。


現在透析を受けている人の数は全国で 27万人、
その3割が糖尿病性腎症によるものですが、
これを最新の年間新規透析患者数でみると、
3万6,000人中1万6,000人(2007年)と、
4割強にも及んでいて、透析導入原因のトップを占めているのです。
 

しかも、糖尿病で透析を受けている人のその後の経過は、
ほかの病気で透析を受けている人に比べると、
必ずしもよいとはいえません。





会津CROPS米直販・楽天市場店





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。