レーシック

私 糖尿病ですが ・・・・

目指せ HbA1C 6,5 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 失明や視力障害にいたる糖尿病の目の病気は、
網膜症のほか、白内障、血管新生緑内障などがあります。

網膜症

 網膜症とは、カメラのフィルムの役目をする網膜が
傷んでしまった結果起こります。
網膜は、光や色を感じ、それを脳に伝える役割を
もっていますが、そこには細かい血管(細小血管)が
無数に張り巡らさせています。


糖尿病では、血液が高血糖のため糖分を多く含み、
粘性が強いため、この細小血管をつまらせたり、
血管壁に負担をかけ、細小血管症を起こします。


そのため、網膜の酸素や栄養が不足してしまい、
眼底出血や硝子体出血などの症状を示す網膜症が起こります。


網膜症は進行過程にしたがって、
単純網膜症、前増殖網膜症、増殖網膜症の3段階に
分けられます。

★白内障

 糖尿病による白内障は、体内に糖分が増えるため、
カメラのレンズにあたる水晶体に糖分が蓄積され、
白く濁ってくるものです。


一般に、白内障のほとんどが加齢白内障ですが、
糖尿病がある場合は早めに白内障がでてきます。
多くは水晶体を取り出して、プラスチック製の
眼内レンズを入れることでよくなりまずか、
重症の場合には、この手術さえできなることもあります。

★血管新生緑内障
 
 網膜症の末期的段階に、ときに発病する
血管新生緑内障は、糖尿病網膜症が原因となった場合、
一般にいう緑内障とは違ったプロセスで発病します。


糖尿病網膜症が重症になると、虹彩というカメラの
絞りにあたる役割をする部分に、
新生血管という正常では存在しない血管ができます。
虹彩の周囲は、目の中を潤すよう常に水が流れる
構造になっているのですが、
この新生血管のために水の出口である隅角が
つまってしまいます。


このため、目の中の圧力(眼圧)が高くなり、
視神経が圧迫されて視力が低下し、
ついには失明してしまいます。





会津CROPS米直販・楽天市場店





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://miewmomo.blog68.fc2.com/tb.php/28-4fa3435e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。