レーシック

私 糖尿病ですが ・・・・

目指せ HbA1C 6,5 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 糖尿病による目の病気、
特に糖尿病網膜症の怖さは、
目が痛い、かゆい、かすむといった
自覚症状がないまま進むことです。


そして、ある日突然、「目の中に煙のすすがたまったようだ」
「真っ赤なカーテンがかすんで見える」――などといった訴えで、
眼科を訪ねることになります。


しかし、そのころには、病気はもうどうしようもない
ところまで進んでいて、失明を余儀なくされることも覚悟しなくてはなりません。


糖尿病網膜症のために、失明しないまでも、
社会生活全体に支障をきたし、視覚障害の認定を受け、
社会福祉の対象者になっている人は、
視覚障害者の約5分の1、年間 3,000人にも及びます


このような人たちは、青壮年期――いわゆる働き盛りに
突然視力を失うことになるため、ハンディキャップを
受容することがなかなかできず、
社会復帰のためのリハビリテーションが
思うように進まないのが現状です。

そして、その分、生活を援助する家族への
負担も大きくなっているのです。


糖尿病網膜症は、糖尿病になってから、
血糖コントロールを十分しないまま放置していると、
7、8年から10年がたつうちに、合併症として、
じわりじわりと発症することがわかっています。


東京女子医科大学糖尿病センターが行っている調査では、
通院加療中の 2,300人(2型糖尿病のみ)のうち、
37パーセントに糖尿病網膜症がみられました。

そのうちの、約17パーセントは、単純網膜症といって、
血糖コントロールをきちんとするだけで食い止められますが、
残りの20パーセントは、失明の危険が迫っているといっても
おおげさではありません。


また、厚生労働省の統計では、糖尿病発病から
25年を経過するころには、実に80パーセントを
超える人たちが網膜症を合併しています。


網膜症の進行具合は人によって違いますが、
比較的若い40~50歳以下の糖尿病の人は
進行が早いので、十分に注意を要します。






会津CROPS米直販・楽天市場店





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/06/27(土) 22:32:12 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://miewmomo.blog68.fc2.com/tb.php/27-e8b27131
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。