レーシック

私 糖尿病ですが ・・・・

目指せ HbA1C 6,5 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 糖尿病は自覚症状に乏しい病気なので、
治療がうまくいっているかどうかは
検査を受けなければわかりません。


血糖コントロールの具合を確かめるためには、
次のような指標が用いられます。

血糖値

 HbA1Cは、すぐは下がらない
血液中のブドウ糖濃度のことで、
血液1デシリットルあたりのブドウ糖の量を
ミリグラムで表します。

健康な人の早朝の空腹時の血糖値は100mg/dL 以下で、
食後でも160mg/dL を超えることはあまりありません。


糖尿病の人も、できるだけこの値に近づけることを
目標に治療します。
合併症を起こさないためには、
空腹時血糖値は110mg/dL 以下にし、
かつ体重も標準体重より5パーセントぐらい
少ないほうがよい、という調査成績もあります。


★ヘモグロビンA1C (HbA1C)
 
 赤血球の中にあるヘモグロビン(血色素)のうち、
ブドウ糖と結合している特殊なヘモグロビン
(グリコヘモグロビン)の割合をパーセント
で表した指標です。


健康な人は 4.3~5.8パーセントです。


この指標は過去1~2カ月間の血糖コントロールとよく関係し、
ヘモグロビンA1Cが高ければ、
その時点の血糖値は正常だとしても、
1~2カ月間は血糖が高い状態が
続いていたことになります。


★その他の指標
 
 このほかグリコアルブミンや 1,5-アンヒドログルシトールと
いった指標があり、それぞれ多少意味あいは違います。
また、糖尿病は高血圧や脂質異常症(高脂血症)も
合併しやすいので、血糖コントロールの指標以外に、
血圧やコレステロール、中性脂肪なども
定期的にチェックしておいたほうがよいでしょう。






会津CROPS米直販・楽天市場店






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://miewmomo.blog68.fc2.com/tb.php/12-5ee06b27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。