レーシック

私 糖尿病ですが ・・・・

目指せ HbA1C 6,5 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★運動療法
 
 運動で体内に余分に溜まった
エネルギーを消費すると血糖値は下がります。
また、インスリンの細胞レベルでの働きが高まり
インスリン感受性が高くなり)、
血糖コントロールがしやすくなります。


さらに、血行がよくなる、ストレスが解消される、
皮下脂肪が減る、骨格筋が増える、
生活の活動度が高まるなど、多くの効果を得られます。
 

運度の種類は、日常できるものならどんな運動でもかまいませんが、
できるだけ全身を動かすものが勧められます。


それまであまり運動をしていなかった場合には、
次第に強い運動に移るようにしてください。
週末だけに集中して運動するといった方法よりも、
できれば毎日行できる運動を選びましょう。

それには「歩くこと」が最も勧められます。


★薬物療法

経口血糖降下薬  インスリン

 食事療法と運動療法だけではコントロールが
うまくできない時、薬物療法を追加します。
経口血糖降下薬(飲み薬)を用いる内服療法と、
インスリンを注射で補充するインスリン療法との、
二つがあります。


経口血糖降下薬は膵臓からのインスリン分泌を
増やしたり、細胞のインスリン感受性を高めて
血糖値を下げます。


インスリン療法は直接体外から補充したインスリンが、
血糖降下を助けます。


どちらの薬物療法をいつから始めるかは、
患者さんそれぞれの糖尿病のタイプや病状、
合併症の進行具合など、
さなざまな要因を総合して決められます。






会津CROPS米直販・楽天市場店






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://miewmomo.blog68.fc2.com/tb.php/11-4f9fe957
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。