レーシック

私 糖尿病ですが ・・・・

目指せ HbA1C 6,5 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 現在では、レーザー光凝固術など、
糖尿病網膜症に対する治療が進歩しましたが
何といっても失明予防の鍵は、血糖コントロールにあります。


良好な血糖コントロールを目指して、
食事療法運動療法をねばり強く行った人は
糖尿病網膜症が発病しにくく、発病してしまっても
進行しにくいことがわかっています。


糖尿病網膜症にならないように
日頃から注意することが最も重要なことですが
不幸にも網膜症が進んでしまっていた場合
次のようなことに注意してください。


★急な血糖コントロールに要注意

2型糖尿病の人で、血糖値が高いまま放置していながら
網膜症がみつかったために、急に厳格な血糖コントロールを始めると
網膜症を悪化させてしまうことがあります。

内科的な治療とともに、眼科での綿密なチェックが必要です。


運動療法を制限する

良好な血糖コントロールの維持には、
運動療法が大切です。
前増殖網膜症の段階までは、球技やジョギング、
水泳も大丈夫ですが、
増殖網膜症まで進んでしまった場合、
激しい運動によって新生血管から出血する可能性があるので、
散歩程度の軽い運動にとどめてください。


★出産について
 
出産によって、網膜症が進み、
失明する危険性があります。
事前に精密眼底検査を受け、
必要に応じてレーザー光凝固などで
網膜症を治療し、血糖コントロールが
よくなった後であれば、妊娠・出産も大丈夫です。





★我が家では玄米5キロを購入しています!
会津CROPS米直販・楽天市場店





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。